耳鳴りを治すためには、色々な方法があります。

耳鳴りを治すためには、色々な方法があります。

耳鳴りを治すためには、色々な方法があります。

 

耳鳴りを治すためには、色々な方法があります。それは、薬物療法、耳鳴りの習慣化、フィードバック療法、聴覚統合訓練、遮蔽器、補聴器、電気刺激、音響療法、催眠療法などです。

 

薬物療法は、現在、最も広く使用されている方法で数々の治療剤があります。治療に用いられる薬は、抗うつ薬、抗不安薬、精神安定剤、抗けいれん剤、筋弛緩剤、血液循環改善剤、ヒスタミン剤、抗ヒスタミン剤、脳機能活性剤、メラトニンなどがあります。他にも多くの治療剤がありますが、すべての薬は医師の処方なしに使用する場合、非常に危険であり副作用の恐れがあるので注意しなければなりません。

 

耳鳴りの習慣化は、耳鳴りに対しての間違った考えや、これに伴う情緒不安などの相談する教育を通じて解決するための段階があり、次の段階で習慣化と呼ばれる不要な音を出す脳の機能を促進させ、耳鳴りを感じないようにして治す方法であります。

 

フィードバック療法とは電気的に合成された音を聞かせて治す方法であります。この方法は、聴力検査を介して患者の耳鳴りと同じ音を探し、電気的に音を合成して一定のプログラムに基づいて聞かせるものです。患者は、音を聞きながら、自分の耳鳴りの音がもっと小さいという認識をするようになって、これに基づいて聞かせる音も徐々に音量を下げていきます。効果を見る場合は、自分の耳鳴りが減少したか、実際に耳鳴りが消失したという人もいます。

 

聴覚統合訓練とは一種の音楽を聞かせて治す方法であります。一定のプログラムに基づいて無作為に音の高さが変化する音楽を聞かせて、耳の中の中耳に刺激を与える物理的な治療法であります。

 

遮蔽器とは、補聴器と似たような装置で一種のノイズを外部から継続的に聞かせて内部から聞こえる音を遮蔽し、ノイズを停止した後も、耳鳴りを感じないようにする残留抑制効果を利用する方法であります。
この他にも補聴器、電気刺激、音響療法、催眠療法などが試みられていますが、より多くの研究が行われる必要があります。