耳鳴りにお勧めの栄養・ビタミン類

耳鳴りの原因と治療

耳鳴りにお勧めの栄養・ビタミン類

 

耳鳴りの症状に悩まされている場合は、まずその原因について考えてみましょう。
もしかすると脳梗塞やメニエール病といった病気が引き金となって耳鳴りがしているのかもしれません。
また疲れやストレスからくる自律神経の不調が原因かもしれません。血行不良や貧血が原因となっていることもあります。いずれにしても耳鳴りは病気のサインの場合もありますので、原因がはっきりとしない場合は医療機関への受診をお勧めします。

 

また医療機関にいってもハッキリとした原因が分からなかった、もしくはそこまで頻繁ではないので…という場合にはまず普段の生活から見直してみるとよいでしょう。特に偏った食生活となりがちな現代人は、その栄養状態から耳鳴りという症状がでやすいとも言われています。これはビタミン類の不足から起こるもので、特にビタミンB群は耳鳴りの改善に役立つといわれています。

 

ビタミンB12は末梢神経の代謝を促す効果があるとして耳鳴り改善のための薬剤に多くつかわれている成分でもあります。これを食事から摂取しようと思うのであれば、あさりやレバー、にんにく、筋子、うるめいわしといった食品がお勧めです。さらに肉体的・精神的な疲れが起因しているとも考えられますので、同じビタミンでもビタミンB1・B2を摂ることによって疲労回復や疲労物質の分解を促すことが可能です。これらにはにんにくや豚肉、ウナギ、レバー類がお勧めです。そしてストレスを強く感じている場合にはビタミンCがお勧めです。フルーツや生野菜などを積極的に食べるようにしましょう。

 

このように食事の改善、特にビタミンB群を積極的にとることは耳鳴りの改善のために気をつけて損はない成分です。
特ににんにくの臭いは、水溶性で吸収しにくいビタミンB群を腸内で強力に吸収させる「接着剤」のような役目を果たしてくれますので、薬味や調理などで積極的に摂取したい食べ物です。

 

このほか自分で改善すべきことは、飲酒・喫煙をひかえること、睡眠を十分にとることです。特に生活習慣の乱れが体調を悪くし、ひいては耳鳴りといった身体からのSOSにつながっている場合が多くみられます。まずは規則正しい生活習慣を心がけましょう。