耳鳴りに良い食事とは

耳鳴りに良い食事とは

耳鳴りの原因と治療

耳鳴りに良い食事とは

 

耳鳴りの原因は様々ありますが、身体機能が低下しているのは間違いありません。身体機能を回復させるためには、バランスのとれた食事が大切になってきます。また耳鳴りに対して、予防や改善が期待できる良い食事もあれば、逆に悪い食べ物もあります。耳鳴りで悩んでいる人は普段どのような食事をしているか、見直す必要があるかもしれません。

 

耳鳴り改善に良いと言われる食事には、黒豆やごま、ニンジンや大根、にんにく、玉葱などの野菜です。黒豆がなぜ耳鳴りに良いのかと言うと、血行を良くする作用があるからです。黒豆にはリノール酸が多く含まれます。これは血管を広げる効果があります。またミネラル類も多く含まれます。これは血行を良くします。さらに、シアニジンという脂肪の吸収を防ぐ成分も豊富に含まれていて、ダイエット効果も期待できます。

 

またごまにはセサミンという成分が含まれています。セサミンは老化防止作用がありアンチエイジング効果が高い成分です。実は耳鳴りというのは、耳の器官が老化しているから起こるとも言われています。そのためにごまは有効なのです。 それからニンジンや大根、にんにく・玉葱などの野菜はリンパの流れを良くします。これも耳鳴りには効果的と言われています。

 

このように血流やリンパの流れが良なるような食物が耳に良いのです。それに対して、耳鳴りを発生させてしまったり、悪化させてしまったりするリスクのある食べ物があります。まずバターやマーガリンなどの油脂類です。これらは摂取し過ぎると、血流が悪くなります。血流が悪くなると、脳や各器官に血液がスムーズに流れなくなり、それが耳鳴りの原因となってしまうのです。また、これは耳に悪いだけではなく、動脈硬化の原因ともなりますので注意が必要です。

 

また、体内に老廃物を作り出してしまう成分が含まれている加工食品などは、リンパの流れを悪くさせます。リンパ液の流れが悪くなると、血流も悪くなり耳にも良くありません。さらに、コーヒーやアルコールなども控えるほうが良いでしょう。