耳鳴りと難聴を患い、心理治療をすすめられました。

耳鳴りと難聴を患い、心理治療をすすめられました。

耳鳴りの原因と治療

耳鳴りと難聴を患い、心理治療をすすめられました。

 

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りが治った体験談:伊藤さんの場合

 

30代会社員です。
2~3年前から難聴や耳鳴りに悩まされるようになりました。

 

最初は昔と比べて人の言葉や音が聞き取りにくい事に軽く違和感を感じる程度だったのですが、何度も違和感を感じ、耳鼻科に相談してみたところ、軽い難聴だと言われました。
機械音が凄い場所で仕事をする事が多い事が原因らしく、薬による治療を始めましたが、職場環境が変わらないせいか特に良くなった感じはありませんでした。
医師も「現時点では有効な治療法はない」との事だったので半ば諦めていました。

 

そして難聴が出始めた頃、耳鳴りに悩まされる事も増えてきました。
元々多少の耳鳴りは感じる事が多かったのですが、主に夜に高い音で鳴る耳鳴りが増え、こちらも医師に有効的な治療法はないと言われました。

 

ですが、夜の耳鳴りはかなり不快で睡眠に影響が出てきました。
眠れない日が増え、不眠に悩まされ、睡眠障害で心療内科へ駆け込みました。
睡眠障害をどうにかしたくて、睡眠導入剤を処方して貰えたらと思って行ったのですが、これが転機でした。

 

睡眠障害の心当たりとして耳鳴りのことを話し、難聴の事も一緒に話したら、「ストレスによって難聴になったり、耳鳴りになる事がある」と言われました。
その場合は心理療法により自律神経を整えるという、心理治療がいいとの事でした。

 

その後、心療内科でカウンセリングや訓練・療法を受けながら、自律神経を整える食事を心がける等、少しずつ努力を始めました。
でも一ヶ月経っても効果は出ず、これもまたダメかと諦めかけたのですが、医師に「時間がかかるけれど、一緒に頑張りましょう」と励まして貰い努力を続けました。
すると2ヶ月を過ぎた辺りから徐々に耳の調子が良くなってきた感じがしました。

 

効果が現れた感じが嬉しくそれから約1年続ける事によって、一時は治らないと諦めかけていた耳の調子がほぼ治りました。
今では聞こえにくかったり、耳鳴りが酷かったりしたのが嘘みたいです。

 

あの時、心療内科に行って良かったです。