内耳炎による耳鳴りで人口内耳を使用することに

内耳炎による耳鳴りで人口内耳を使用することに

耳鳴りの原因と治療

内耳炎による耳鳴りで人口内耳を使用することに

 

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りが治った体験談:吉田さんの場合

 

私は40代後半です。40歳になってから耳鳴りに悩まされるようになりました。
耳鼻科を数か所まわり最善しましたが良くなることはありませんでした。
私の病名は内耳炎です。

 

低い音が耳触りで日常生活も不快度が高く仕事を辞めて療養していました。
薬では治らない、今後経過観察でも良くなることは無いとの事でしたので諦めていましたが手術療法があるとの事で詳細を確認しました。
その手術とは人口内耳を使用すると言う方法です。

 

手術で直接内耳に電極を埋めこむ方法です。
この手術は自由診療ではなく医療保険が効きますから費用負担はそれほどありませんでした。

 

人口内耳をつけたばかりの当時は声の聞こえ方が若干違和感を感じましたが人口内耳に慣れるためのリハビリを受けましたところ自然な音で聞き取れるようになりました。
やはり音声言語でコミュニケーションを取れると言う事は確実にニュアンスを伝えることができますから手術をして正解だと思いました。

 

耳鳴りも改善されて日常生活以上についても難なくできるようになりました。
耳鳴りに日夜悩まられていると気持ちまで落ち込んでしまいます。
サプリメントや民間療法で耳鳴りの改善策を行ってきまして長年効果が無いまま時間だけ経過していました。

 

もっと早く人口内耳を使った治療を行っていれば耳鳴りによるストレスを早い段階で回避できていたと思います。
耳鳴りが無いとそれだけでポジティブな気持ちになりますから不思議です。

 

今は仕事をしていませんが、聞こえ方も普通の人と同じようになりましたので仕事に復帰したいと思っています。
引きこもりがちでしたが治療を行ったおかげで日常の楽しみが増えこれから第二の人生をどう楽しむか有効活用するか考えるのが楽しいです。

 

もし内耳炎で悩んでいて人口内耳の治療を行うか迷っている方がいましたら私は胸を張って人口内耳を使用する事を薦めたいと思います。
治療後のデメリットよりもメリットの方が多く後悔することは無いと言っても過言ではありません。