鼓膜炎による耳鳴りを民間療法で

鼓膜炎による耳鳴りを民間療法で

耳鳴りの原因と治療

鼓膜炎による耳鳴りを民間療法で

 

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りが治った体験談:佐々木さんの場合

 

昔から耳鼻科のお世話になる事が多く、風邪やインフルエンザにかかると中耳炎や咽頭炎、耳かきのしすぎで外耳道炎などに頻繁に罹り、その度に辛い思いをしてきました。大人になるにつれてだんだんと罹りにくくはなったのですが、仕事が忙しく睡眠が取れなかったり偏った食事ばかりするなど生活が不規則になると、風邪をひきやすくなり突然耳に異常が出ることもあります。

 

抵抗力が弱まるのだと思います。ある時、風邪の症状が重くなり、耳に違和感を覚えたのですがどうしても納期までにあげなければならない仕事があったため、時間が取れず病院へ行けませんでした。

 

私の通っている耳鼻科は午後5時までの受付なので、診てもらう時は会社を早退するか途中で抜けさせてもらうしかなく、症状があっても仕事の状況によって我慢しなければならない場合も多かったのです。我慢も限界となり、耳鳴りすらしてきました。これまでも耳鳴りがすることはありましたが、ここまでひどい耳鳴りは初めてだったので怖くなり深夜救急病院に駆け込みました。

 

担当してくれた医師が耳鼻科の専門医ではなかったので多少不安がありましたが、私がたぶんいつもの中耳炎だと思いますと告げると、「おそらくそうだね」と言って抗生剤と痛み止めを出してくれました。夜が明けたらかかりつけの病院に行くようにと言われ、帰宅して抗生剤を飲みました。

 

すると突然呼吸が苦しくなり、耳鳴りがひどく冷や汗も流れてきてしまい、これはダメかもしれないと妻を起こして救急車を呼んでもらいました。診察の結果、抗生剤によるアレルギーでアナフィラキシーショックという症状を起こしたという事でした。

 

その後詳しく調べてもらったら、耳の症状は中耳炎と同時に鼓膜炎にもかかっており、そのために耳鳴りがひどくなったという事でした。
それ以来病院で出される薬が怖くなり、中耳炎になりかけかなと思った時には民間療法で対処するようになりました。

 

アロエやツワブキの葉の搾り汁を耳に垂らしたり、腸内の悪いモノを出すということで「ひまし油」を飲んだりするのですが、先日も耳が痛く軽い耳鳴りがしましたが、何とかこれらの方法で徐々に症状が軽くなっていきました。