耳鳴りと聴神経腫瘍がツボ押しで解消

耳鳴りと聴神経腫瘍がツボ押しで解消

耳鳴りと聴神経腫瘍がツボ押しで解消

 

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りが治った体験談:森さんの場合

 

私は、昔から聴力が良くて、小さな音も気が付くので、「耳がいいんだね」と言われるのが、ひそかな自慢でした。だけど、30歳になったあたりから、変な低い「キーン」といったような感じの、低周波のような耳鳴りがするようになってきました。この耳鳴りは、はじめは時たまするといった程度だったのですが、30代後半の頃にはしょっちゅう聞こえるようになって、私もしかしたら体のどこか変なのかも心配して、病院に行ってみました。

 

そこで診断されたのが、「聴神経腫瘍」という病名でした。聴覚の神経と平衡感覚の神経のことを、聴神経っていうそうなのですが、私はこの聴神経の細胞から腫瘍ができてしまって、耳鳴りがするようになってしまったのです。まだ、私の場合は、軽い方だったのですが、ひどくなってくるとめまいがしたり、平衡感覚がなくなったり、頭痛がしたりするそうです。聞きなれない病気で怖かったのですが、耳鳴りがするだけの初期の症状の段階でわかって、少し安心しました。

 

しかし、聴神経腫瘍とわかっても、どう治せばいいのか、これにはとても悩みました。腫瘍としては、良性のものなので、私は初期症状の耳鳴りしかないということもあり、経過観察はどうかと言われましたが、放っておくのもなあと思って、詳しい治療法を聞いてみると、放射線治療と開頭手術の二つということで、どっちも嫌だったので、自力で治す道を決意したのです。

 

色々と調べましたが、以前に便秘がひどかった時に、ツボ押しをして改善したことがあったので、私の病気もそれでやってみることにしました。ツボ押しマニアの友人に聞いてみたところ、「和りょう点」というツボが効くと教えてもらいました。そのツボを朝、昼、晩、と時間を決めて、毎日忘れずに押し続けました。そのおかげか、いつもしていた耳鳴りが聞こえるのが、おさまってきたのです。今では、もう耳鳴りは、ほとんどありません。本当に耳鳴りがしないようになって、ほっとしています。