メニエール病による耳鳴りを民間療法で克服

メニエール病による耳鳴りを民間療法で克服

メニエール病による耳鳴りを民間療法で克服

 

耳鳴りの原因と治療 耳鳴りが治った体験談:長谷川さんの場合

 

私は30代後半の女です。気付いたら、低い音で耳鳴りがするようになりました。最初の方は「なんだろう?」とちょっと気になる程度だったのですが、耳鳴りを繰り返すようになり、さらにめまいも起こすようになってしまいました。

 

病院で検査してもらうと、「メニエール病」との事でした。メニエール病は、私のような30代後半から40代の、特に女性が発症しやすい病気なんだそうです。代表する症状がまさに耳鳴りです。命の危険は無いものの、病気が進行すれば今のような耳鳴りやめまいだけでなく、吐き気や嘔吐、難聴になってしまう病気で、これを何度も繰り返し、完治する事が難しい難病だと説明を受けました。幸い、私の場合はまだ初期の段階らしく、民間療法で良くする事も可能との事でした。

 

「塩分をなるべく摂らないようにすること」「適度に運動すること」「利尿作用のある飲み物や食べ物を摂取すること」などの説明を受け、早速、家に帰ってメニエール病の民間療法を実施するようにしました。

 

まず、食事で塩分を減らしました。醤油は薄口が好きだったのですが、薄口は最も塩分の多い醤油だそうで、それを減塩醤油に変えました。そして、味噌も減塩味噌に変え、料理での味付けはなるべく塩を使わないようにしました。

 

利尿作用のある飲み物の代表は「紅茶、コーヒー、緑茶など」のカフェインが配合されたものです。ミネラルウォーターを飲んでいたのですがなるべくこれらを飲むようにしました。食品としては、大豆など豆類、にんにくが良いとのことで、豆腐や納豆などを進んで食べるようになり、調理にはにんにくを意識して使うように心がけました。

 

また、空いた時間はウォーキングやジョギングをして、雨が降ればスクワットなどの有酸素運動をするように心がけています。
さらに、規則正しい生活を送り、なるべくストレスを溜め込まないような生活を送るようになりました。

 

これらの事で、耳鳴りがする頻度が少なくなって、やがて治りました。
私のように耳鳴りに悩んでいる方は、民間療法で完治も可能です。ただ、続けることが大切です。