大音量で音楽を聴くと鼓膜はどうなってしまうのか

大音量で音楽を聴くと鼓膜はどうなってしまうのか

 

音楽を聴く際に大音量で流したいという方は多いですが、ヘッドホン等でそうした聴き方を続ける事にはリスクがあります。

 

大音量で継続的に音楽を聴く事により、騒音性難聴等が発生する可能性があり、これは音楽に限らず、大きな音が鳴り続ける環境に身を置いても発生するリスクです。

 

例えば工場勤務等によって大音量の機械音を一日中聴いていたり、日頃からライブ等で大音量を聴き続けていると、難聴になる可能性があります。

 

聴き方の中でもヘッドホンのように鼓膜に直接響きやすい方法は、スピーカー音等よりもダメージを与える可能性があり、音の集約を行う特性があるスピーカーは鼓膜へのダメージが大きいです。

 

一般的に音が聞こえる流れとしては、外部から耳に音が入る事で鼓膜が震え、その震えが内耳まで伝わってリンパ液も震わせる事になり、そこから脳に電気信号が伝わって音が感知出来る仕組みです。

 

大音量で音楽を聴いていると、鼓膜へのダメージや内耳へのダメージが起こりやすく、鼓膜が破れる可能性もありますから注意が必要になります。

 

鼓膜の場合は再生出来る事もあるのですが、厄介なのは内耳であり、内耳の場合は治療が非常に困難です。

 

内耳の中には平衡の感覚を備えた三半規管であったり、鼓膜振動を脳に伝える為の変換装置として蝸牛と言われる器官があるのですが、蝸牛内に音を感じる細胞が詰まっています。

 

この細胞は大音量によって破壊される可能性があり、破壊された後は再生出来ないものですから、鼓膜へのダメージだけを気にするのではなく、こうした細胞破壊に対して注意が必要です。

 

こうしたダメージによってふらついたり眩暈を起こす事もあり、三半規管への影響等から難聴に陥る前に眩暈から起こる事も多々あります。

 

このようなリスクを回避するにも大音量で音楽を聴く機会を減らす事は有効であり、音楽を聴かないのではなく、耳を休ませる意識は必要です。

 

日常から少し小さめの音量で音楽を聴いたり、そもそも聞かない時間を増やしたり、耳に休んでもらう事が大切になります。

 

ヘッドホンでも耳の穴に入れるタイプのものよりも、耳全体を覆うタイプの方がリスクが少なくなり、大音量音楽によって鼓膜を傷つけたり内耳への影響を考慮する事が望ましいです。

 

音楽を大音量で聞けば中耳炎になると捉えている方も居ますが、大音量音楽によって中耳炎になるのではなく、ヘッドホン等から細菌が入ってきて炎症を起こすパターンもあります。

 

大音量音楽を聴き続ける事はリスクがあると知って、うまく音楽と楽しんでいく事が必要です。