寒さやストレスなどによって起きる「冬バテ」とは

寒さやストレスなどによって起きる「冬バテ」とは

冬バテの症状は夏バテと似ていますが睡眠に関与する症状が多いのが特徴と言えます。

 

長時間寝たのに疲労が取れない、めまいや耳鳴り、寝つきが悪い、不眠、夜中に何度も起きる、頭痛、肩こり、体を重い、イライラする、食欲不振、血行不良、免疫力低下によりインフルエンザや風邪をひきやすくなります。

 

他にも寒さが原因で交感神経の働きばかりが高くなりリラックスすることが出来なくなると小腸、大腸の働きが低下してしまうので便秘、肌荒れといった症状も見られます。

 

冬バテの原因

 

冬バテの原因は簡単に説明すると寒さで、寒さにより筋肉、神経が緊張した状態が続くと心身を休めることが出来ません。

 

その結果自律神経の働きに関与する交感神経が作用して緊張状態を維持することになってしまいます。

 

それに年末年始は忘年会、新年会とイベントが続き暴食してしまい内臓に負担がかかります。つまり副交感神経が作用するリラックス状態になることが出来ないことが冬バテに繋がります。

 

あと暖房の効いた室内は乾燥しているのに夏に比べて汗をかかない分喉が渇かず水分補給が控えめになります。

 

だから体内の老廃物を排泄しにくい状態となり体内の水分バランスが乱れたことで新陳代謝が低下して冬バテの症状が起きると言えます。

 

 

冬バテの改善方法

 

冬バテの原因は副交感神経の働きが低下することと言えるので冬バテを解消する為には副交感神経の働きを高める必要があります。

 

その為の方法としては体を温めるようにして下さい。

 

入浴時に38度から40度程のお湯にしっかりと浸かるのがポイントで、そうすることで副交感神経の働きが良くなりますし、体温が下がる時に眠気を誘発するので不眠の改善効果も期待できます。あと体を一気に冷やすと熱を逃がさない為にと交感神経が一気に高まるので近場でも外出する時にはしっかりと着こむことが大切です。

 

その他にもスクワットやストレッチなどゆっくりとしたペースでできる運動をするようにしましょう。筋肉を働かすことにより体が冷えにくくなるのでお勧めです。

 

それからバランスのいい食事と水分補給を心掛けて下さい。特にビタミンやカテキン、セサミンといった抗酸化成分の摂取を意識するといいでしょう。

 

それから呼吸と姿勢にも意識して下さい。その訳はその2つは自律神経の状態を知る鏡と言えるからです。自律神経が緊張状態にあると呼吸は浅くなり、姿勢も前かがみになります。

 

だから意識して深く呼吸をするだけで心にゆとりが出来ますし、深呼吸をすると自然と姿勢よくなり冬バテの解消に繋がります。

 

体の体調を整えるために

 

心身のバランスの乱れからの不調を訴えている方は、規則的な生活(食事)がとれていない方が多いです。

 

栄養は、毎日の食事の中から摂取するのが一番なのですが、この忙しい現代社会では時間が無くてなかなか上手く摂取出来ない人も多いと思います。

 

野菜などには体調を整えるために重要な自律神経の切り替えに必要な栄養素は「ビタミンB1」も豊富に含んでいますが、
実は野菜などに含まれるビタミンは水溶性で、食事で摂取してもすぐに体の外に排出されてしまいます。

 

ここでは油に溶ける性質を持ちながらビタミンB1 と同じ作用をする「アリチアミン」の摂取を推奨しています。