飛行機に乗るときの耳の圧迫感は一体何なのか

飛行機に乗るときの耳の圧迫感は一体何なのか

 

長距離の移動や海外旅行、国内旅行などに出かける際に、飛行機を利用される方は多いです。

 

しかし、飛行機にのあるときに、「耳が痛い」と悩みを持っている方も少なくありません。

 

こちらの耳がキーンとする圧迫感に悩んでおり、耳が痛いので、飛行機に乗りたくないという方も少なくありません。

 

そこで、飛行機に乗るときのこの耳の圧迫感は一体何なのでしょうか。飛行機に乗るときの、こちらの耳の圧迫感ですが、これは気圧が問題とされています。

 

飛行機では、特に離陸と着陸の際に耳が圧迫されることが多いと思いますが、こちらの気圧は、上空に上がることによって、その圧力が急速に減少してしまいます。

 

ゆっくりと上昇することで、こちらの気圧が下がろうと、体はなじむことが出来ますが、飛行機のように急速に上昇することで、変化を仕切れなくなってしまいます。

 

飛行機内の気圧は割と一定になっているのですが、敏感な方はこういった気圧の変化についていくことができず、耳に痛みを感じてしまいます。

 

体の中でも、なぜ耳に痛みが出てしまうのかというと、これにもさまざまな原因があります。

 

耳の中には内耳という部分があり、ここから、耳管という場所へと繋がっています。

 

こちらは気圧の変化によって多少膨らんでいるのですが、気圧が変化することで、こちらの内耳の空気も膨らみ、耳全体を圧迫してしまいます。

 

原因や改善について

 

このように、飛行機に乗るときに、耳に圧迫感を感じてしまうのは、気圧の変化が急激であり、それに耳がついていくことができないことが原因となっています。

 

飛行機に乗ると耳が痛い…という場合には、どのように対処すればいいのでしょうか。

 

まず、飛行機に乗る際、耳の痛みを感じる前に、耳抜きをしましょう。

 

簡単な耳抜きの方法として、つばを飲み込むという方法があります。つばを飲み込むことで、簡単に耳抜きができますし、耳の内側から音が響いて、楽になります。飴だったり、ガムを噛んでみるのもおすすめとなります。

 

また、鼻をつまんでみるという方法もあります。鼻をつまみ、鼻から息をだしてみることで、軽く耳抜きをすることも出来ます。

 

また、お子様がいる場合には、耳栓などを使って対処してみるようにしましょう。

 

また着陸や離陸の際にはあらかじめジュースや飲み物などを飲むようにしておくことで、耳が痛くなったり、圧迫感を感じずに済むことが多いです。