耳掃除の頻度について

耳掃除の頻度について

耳の中は意外と汚れがたまりやすく、あまりに掃除をせずに放置しているといつの間にか大量の耳垢が溜まってしまって耳がよく聞こえないという事態になることも考えられます。
だからといって毎日耳掃除をする必要はありません。

 

耳の中はとてもデリケートです

耳の中は内耳という部分になりますが、その内耳の表面の皮膚は非常に薄くて傷つきやすい組織になっています。

 

ですから綿棒などで毎日ゴシゴシと擦っていると小さな傷ができてしまいばい菌が入ってしまって内耳炎などの炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

 

耳掃除の頻度についてですが、人によって耳の中の皮脂腺の数がどの程度あるのか、または皮脂分泌の量がどの程度であるかによっても耳の中の汚れ方は違いがあります。

 

ですが耳の中に刺激を与えすぎないという意味では基本的に1週間に一度程度のとどめておくのが理想的です

 

例えば耳垢がたまりやすい体質の人だとしても1週間に2度ぐらいの耳掃除を限度にしておく方が安心でしょう。

 

耳掃除はとても気持ちの良いものなので、ついつい頻繁に行ってしまう人もいるかと思います。

 

ですが耳鼻科医によっては1ヶ月に一度ぐらい掃除すれば十分であると指導している場合もあるので、頻度は少なければ少ないほど耳には良いと言えるでしょう。

 

耳を清潔に保つために:耳掃除の正しいやり方

 

耳掃除の正しいやり方についてですが、耳の中は非常に柔らかくて傷つきやすい組織であることからも、とにかく優しくお手入れしてあげることが重要です。

 

ドラッグストアなどで耳掃除用の耳かきや綿棒など様々な種類が販売されていますが、

 

昔ながらの耳かきは固いものが多いので慣れない場合には耳の中を簡単に傷つけてしまうので、あまり使わない方が良いです。

 

他にも綿棒などもありますが、最近は耳の中を傷つけにくいシリコンやゴムなどの柔らかい素材のスクリュー型耳かきなどもあり、
こちらを使えば慣れないうちから、耳の中を綺麗にすることができます。

 

より効率的な耳掃除のためには、お風呂に入って耳の中が十分に蒸気などで潤って柔らかくなったところにスクリュー型の耳かきをそっと差し込み、優しくくるくる回すだけでたくさんの耳垢が綺麗に取れます。

 

お風呂に入っていない状態ですと耳垢が固く内耳の皮膚にこびりついている場合があり、それを無理やり引っ掻いたりするとあっという間に傷が付いてしまいますから絶対に乾いた状態で無理な掃除をしないようにしましょう。

 

耳掃除のやり方は、人によってもそれぞれの好みの方法を選んでも大丈夫ですが、大切なポイントは、必ず優しく無理やり耳垢を取らないことが一番です。