おすすめの耳栓アイテムがコレだ!!

騒音対策に!オススメの耳栓アイテムはこれだ!!

仕事やバイトなどで作業音で大きい男の音楽を聞き続けることは耳にとっては負担になります。
一時的なら大丈夫ですが、定期的に聞き続けると耳鳴りや聞く力が低くなることもあるのです。

 

そんなときに仕えるのが耳栓ですね。耳の中の圧迫感などありますが、現在では様々な耳栓が発売されています。
ここでは、オススメの耳栓をご紹介いたします。

 

Mack’s Pillow Soft シリコン耳栓

 

 

耳に「スポッ」と詰めるのではなく、耳に被せるシリコンタイプの耳栓です。最初は戸惑うかもしれません。

 

ですが従来の耳栓のように、付けていて耳が痛くなることはありませんし、どんな耳の形の人にでもジャストフィットします。

 

粘土のようなシリコンを指でこねてやわらかくし、耳の穴を塞ぐように装着すればOK。慣れると簡単かつ快適で、今までの耳栓には戻れないレベル!

 

着け心地を重視したい方におすすめです。

 

 

MOLDEXフォームタイプ

 

 

遮音性を重視したい方におすすめの耳栓です。スポンジ状で耳に詰める、スタンダードな形状となります。

 

一度本体を潰し、耳に詰め込みます。するとしばらくたって膨らみ、耳の形にジャストフィット。遮音性抜群です。

 

最初はうまく使えるようになるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れればワンタッチ。一瞬で装着できるようになります。

 

耳の穴に詰め込むタイプなので、長時間使用すると耳が痛くなってきますが、周りの音はほぼ何も聞こえなくなるので、集中したい時に活用すると良いでしょう。

 

 

 

 

ピップ・イヤーホリデイ

 

 

ピップエレキバンでおなじみのピップが販売しているソフトなシリコン耳栓です。スタンダードな商品になっており、使い方も極めてシンプル。

 

やわらかい素材でできているので、耳に詰め込むと自然とジャストフィットする仕組みになっています。装着感が良く、割と長時間の利用でもOK。

 

遮音性の高さや使い心地の良さももちろんですが、何気に専用のケースが付属しているのが好ポイント。耳栓の利用頻度が高い方にぴったりの商品です。

 

 

 

サウンドアーマー・イヤープラグ

 

 

フランジタイプの耳栓です。複数のヒダが付いた形状になっていて遮音性に優れます。

 

フランジタイプは耳のサイズに合わないと耳栓としての機能を全く果たせません。しかしサウンドアーマー・イヤープラグは大中小のスリーサイズを用意しているので安心。

 

また耳が痛くなりづらい、やわらかいシリコン製なので長時間の利用も気になりません。

 

洗って何度でも繰り返し使えるのでコストパフォーマンスも抜群に良いです。携帯用のケースが付属しているのも嬉しいポイント。

 

 

 

キングジム・デジタル耳せんMM1000

 

 

世にも珍しいデジタルタイプの耳栓です。ぱっと見はただのイヤホンにしか見えませんが、ちゃんとした耳栓なので安心してください。

 

外部の音をキャッチし、それと反転した音を出すことで遮音効果を生み出します。一般的な耳栓だとすべての音をシャットアウトしてしまいますが、デジタル耳せんなら必要最低限の環境音を拾うことが可能です。

 

呼びかけや電話の音などを聞き逃したくない人におすすめ。

 

ちなみに単四電池1本で100時間使えます。コストパフォーマンスはほぼ初期費用のみ。ランニングコストは抜群に良いです。

 

 

いかがでしょうか?最近はニーズに合わせた様々な耳栓が発売されています。
でも相性というものはあるものですので、一度使って実感するのが一番良いでしょう。