耳鳴りの音の種類について

耳鳴りの音の種類について

 

耳鳴りは頭の中で音が聞こえると自覚するもの。実際には聞こえていないのですが無いものを頭の中で認識してしまうのが耳鳴りです。耳鳴りには多くの原因と音がの種類があります。誰もがなりやすい老人性難聴ではキーンという高音の耳鳴りが多いです。他の耳鳴りはシーン、ジーン、ジージー、カーン、ゴロゴロなど多様な表現があありますが大きく分けて高音系と低音系に分けられます。

 

老人性難聴の高音のキーンという感じに対しメニエール病などの場合はゴロゴロ、ゴソゴソといった低いの耳鳴りが発生します。この低い耳鳴りの特徴として耳に何か詰まった感じになります。耳鳴りと勘違いされやすいものもあります。脳の中で音がしているように感じるタイプもあり意外に少なくありません。脳の内部に原因が潜んでいる事がありますから要注意です。脳の病気の可能性があります。

 

このように耳以外の障害によって生じる事があり貧血、高血圧、動脈硬化といった心臓系の病気や甲状腺の病気が原因の場合があります。注意が必要な物として片耳だけの耳鳴りや音の大きさが変わる拍動性のタイプは重症の可能性が高いです。

 

ちなみに拍動性のタイプは腫瘍、動脈閉鎖、動脈瘤などの血管異常によって発生している場合が多いです。このように重大な病気が隠れている事も珍しくありませんから放置するのは危険だと言えます。早めに病院へ行き原因を追究する事が最重要です。

 

年齢が高いとつい歳のせいと終わらせてしまいがちです。これがまた危険です。耳以外の箇所で病が進行してしまい取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。どの耳鳴りが危険という事は一概にいえませんが専門家の診断を受けるために表現についてははっきりと読み取って置く必要があります。

 

原因が単なるストレスである場合もあります。ストレスは現代病を引き起こす原因でストレスが元になって引き起こす病気を数えていったらキリがありません。1週間して改善しないならば必ず病院で診察を受けましょう。