耳鳴りの時の低音の原因と対処法

耳鳴りの時の低音の原因と対処法

耳鳴りの時の低音の原因と対処法

 

日々私たちは、学校や仕事などで何かしらの活動をしているのでどんなに体力が有る方でも疲れは溜まります。
そして、疲れやストレスが溜まり睡眠時間が削られるような生活サイクルになると比較的耳鳴りが起こる方は少なくありません。

 

又、そうでない人でも風邪や病気を引き起こしてしまうとそれに伴い先程のような症状が発生する場合が有ることもあります。

 

低音の耳鳴りに悩む方

そして、この症状の中でも低音が聴こえるという方達もいらっしゃいます。

 

そこで、耳鳴りの中でもこのような低音の場合にはどのようなときに起こりどうすればそれを対処することが出来るのか、又それを予防する方法はないのか説明していきます。

 

低音の耳鳴りへの対処方法

まず、耳鳴りが起きた時に通常と違う低音の場合の原因は何かということですが、これは低音性耳鳴りと呼ばれていて例えますとっ耳の中で車が通っているようなゴーと低い音が聴こえるのが特徴です。

 

又、この症状が連続して起こり音程が常に低いということも特徴です。

 

高音の耳鳴りとの違い

そして、この耳鳴りは良く知られている高い音域のものと違い比較的身体に対して危険性が少ないものが多いということがあります。

 

それは、原因である首や肩周辺の血行不良、すなわち肩こりやストレスからくる血行不良、気圧の急激な変化による内耳の調整機能が不十分であるというこれらが挙げられます。

 

又、これらの原因は、比較的日常生活上起こりやすい耳鳴りといえるので疲れやたまりやすい方や仕事等で忙しい方、肩こりがひどい主婦の方が家事の途中で症状が出たりということがあるのです。

 

その他には低音難聴と呼ばれる病気の前兆症状にこの低音の耳鳴りがあるので、これをただの疲れと見過ごすと日常で聴こえる低音部が聞き取りにくくなるといった症状の病気が発症してしまうことがあるので、気になる場合にはすぐ医療機関で受診することがお薦めです。