雑音の力で耳鳴りを抑える「マスカー療法」

雑音の力で耳鳴りを抑える「マスカー療法」

雑音の力で耳鳴りを抑える「マスカー療法」

 

耳鳴りがしている耳に、耳鳴りと似た音を一定の大きな音で、長時間音を聞かせるとその後数分から数時間、耳鳴りが気にならなくなる現象が起こります。
これらの現象を応用した治療法が「マスカー療法」です。

 

患者さんが普段聴いている耳鳴りより大きな雑音を聞かせることで耳鳴りを遮断します。

 

マスカー療法を行った後、現実には耳鳴りの大きさも高さもほとんど変わらないのに本人にはそれが気にならなくなります。

 

まず、患者さんの耳鳴りの周波数や大きさを調べます。そして、その周波数を中心とした雑音を器機に設定し、1~2時間聞いてもらいます。

 

聞き終わった後の効果には、数分でまた耳鳴りが気になるようになる人もいれば、数時間耳鳴りが聞こえなくなる人もいます。

 

老齢による耳鳴りに効果が高いマスカー療法

マスカー療法を行った患者さんの半数以上が何らかの効果を感じるとされ、とくに老齢による耳鳴りにはよく効くそうです。

 

マスカーに使われる器機は、イヤホンで雑音を聞くようになっており、小さいので外出先で使うこともでき便利です。

 

失敗できない大事なお仕事の前や、集中したいときなど、いろんな状況で使えるので活用の幅が広く使いやすいですね。

 

耳鳴りによる不眠でお悩みの方は、寝る前に行えば、耳鳴りをきにせず眠ることができますね♪