脳とストレスの関係

脳とストレスの関係

ストレスと”めまい・耳鳴り”

 

脳の働きは様々なものがあります。
しかし、その働きはストレスによって大きく妨げられることがあるのです。

 

ストレスに関わる脳の三つの部分

人間の頭の働きは、三つの部分に分かれています。
一番下にある脳幹は、動物として基本的な動きをコントロールしている部分です。

 

手足を動かしたり、内臓を動かしたり、生命を保つのに必要な行為を行ってくれます。
そして、ここにストレスがかかると、それらの機能は大きく損なわれます。

 

例えば、心臓の鼓動が早くなったり、呼吸がしにくくなったりするのです。
他には、食べ物を飲みこむことが辛くなったり、平衡感覚が失われてめまいがおこったりする可能性もあります。
震えやけいれんが起こる事もあるのです。身体の動きや機能に大きく影響をあたえるため、不安になり、尚更症状が強く出てしまう人も多いです。

 

大脳辺縁系は、記憶や感情をコントロールしている

次に、大脳辺縁系は、記憶や感情をコントロールしている部分です。
記憶と感情を司っていますので、ここにストレスがかかってしまうと、様々な症状が出てきます。

 

感情と密接な関係がある自律神経の乱れが起こるため、目眩、頭痛、動悸、不眠などの症状が現れるのです。

 

記憶をコントロールする部分であるため、過去の出来事がまるで今起きている事のように感じてしまうフラッシュバックも、これらに原因があります。
うつになってしまったり、感情の揺れが激しくなることも同じです。

 

大脳新皮質-やる気や、言葉を話したり、知識欲などをコントロール

最後に、大脳新皮質は、霊長類にだけあるものです。やる気や、言葉を話したり、知識欲などをコントロールしています。
そのため、ここにストレスがかかると、ネガティブな考え方になったり、やる気を失ったりします。
仕事や勉強が嫌になったり、何かを知ろうとする意欲が損なわれてしまうのです。

 

このように、脳とストレスは密接な関係にあります。感情だけでなく、呼吸や内臓の動きまでも影響してしまうのです。
脳の働きは人間にとって、とても大切なものです。その働きを妨げてしまう恐れがある以上、出来るだけ発散する事ができる生活を送ることが大切になります。