正常な耳鳴りと病気が原因の耳鳴り。原因の探し方。

正常な耳鳴りと病気が原因の耳鳴り

 

耳鳴りとは、実際には音がしていないのに自分だけに音が聞こえている状態のことです。「キーン」という高い金属音のような音が聞こえる場合も多いようです。

 

まれに他の人にもその音が聞こえる耳鳴りもあります。
音が全くない部屋や、静かな状態の場所では、正常な人でも音が聞こえますが、これは生理的な耳鳴りで正常な反応です。

 

不快な耳鳴りの原因を探る

常に音が聞こえるような状態は病的なものです。
詳しい作用機序は現在でも解明されていない部分もありますが、病的な耳鳴りの原因としてはいくつかわかっているものがあります。

 

一つ目は病気が引き金となって起きている耳鳴りです。

病気には脳の病気や外傷、メニエール病や突発性難聴をはじめとする各種難聴などは耳鳴りの原因となることが知られています。
その他にもいろいろな病気が原因になります。この場合、その病気の治療をすることが第一となります。

 

また、加齢によって起こるケースもあります。

耳鳴りは長期間続いて慢性的なものになると、完治が難しいとも言われています。
耳鳴りがずっと続く状態は、それ自体がストレスの原因となります。

 

最後に最も多い原因としては、精神的な原因で起こることがあります。

実は耳鳴りの原因は、かなりの割合で精神的な問題から引き起こされる場合が多いのが現状です。

 

ですので、耳鼻咽喉科や骨格の問題と思って調べてみても原因がわからない場合、治療を諦めてします方が多いのですが、この場合は是非心療内科に受信しましょう。

 

原因・治療方法を見つけたいのであればぜひ心療内科に受診を

心療内科というと、受診に抵抗がある方も多いと思います。

 

しかし、特に現代では、ストレスによって耳鳴りが起きる人が多くなっています。
ですので、抵抗を感じることなくまずは受診してみて症状を相談してみましょう。

 

でも、なぜストレスから耳鳴りが起こるの?

なぜストレスが原因になるかというと、ストレスがかかると自律神経が上手く働かなくなり、乱れが生じるからです。
自律神経の乱れはその他にもさまざまな体調不良の原因にもなっています。

 

この場合の治療法としては、とにかくストレスを軽減する必要があります。
十分な睡眠をとる。休暇をきちんととる。適度に体を動かすなど日常生活から見直す必要があります。
でも心療内科に抵抗があるという方はこちらをごらんください→薬に頼らない耳鳴り改善法

 

 

また、いずれの原因にしろ、早期に治療した方が治りがよくなるというケースもあります。

 

ですから、耳鳴りが続く状態にり、生活に支障が出るような場合は早めに医師に診てもらうことが重要です。
いずれかの病気が原因である場合、それがきっかけで病気がわかり、治療することができるかもしれません。