耳鳴りとめまいに襲われ悩まされたら

耳鳴りとめまいに襲われ悩まされたら

耳鳴りとめまいに襲われ悩まされたら

 

耳鳴りは何の前触れもなく突然やってきます。耳鳴りは自分にしか聞こえない不快な音であり、その不快感や苦痛は人にはなかなか分かってもらえず、一人で苦しまなければいけません。特に、めまいを伴う耳鳴りは平衡感覚を失い、立っていることすら困難になり、奈落の底に突き落とされる感覚になります。しばらく安静にしていたら治まる症状もありますが、めまいが回転性で激しく、耳鳴りもキーンとした音が続き、その状態が半日以上続く場合はメニエール病を疑う必要があります。

 

メニエール病は、耳の閉塞感、難聴などの症状も見られるようになってきます。この病気の原因はいまだに解明されていませんが、症状を緩和するためにも早急に医師の診察を受ける必要があるのです。難聴などが悪化すると、蝸牛に電極をつける人工内耳の手術が必要になる場合もあるのです。人工内耳は、音がよく聞こえるようになるものの、耳鳴りが続いたり、顔面麻痺のリスクもあるのです。早めにメニエール病の治療に入れば、難聴も悪化せず、人工内耳の手術も必要としない場合もあるのです。

 

また耳鳴りとめまいの症状が見られる病気に、突発性難聴があります。突発性難聴は耳鳴りとめまいの他に、嘔吐や吐き気といった症状も見られます。突発性難聴は、片耳だけが閉塞感を感じ、聞こえなくなるのが特徴です。原因はウィルス性であるとか、内耳の循環障害によるとも言われています。しかしその原因もはっきり解明されていないのです。

 

耳鳴りの治療は、原因特定が難しく、医師も手探りで様々な病気の可能性を考えて、多角的に病気にアプローチし治療を施していきます。しかし、生活習慣やストレスを排除するだけで、メニエール病や突発性難聴が完治する場合もあるのです。耳鳴りとめまいに襲われ悩まされたら、早急に耳鼻科医に相談に行き、生活習慣を見直し、ストレスを回避した生活を送ってみると良いでしょう。そのことで早期に病気が完治することが期待できるのです。