耳鳴りとめまいから疑うべきこととは

耳鳴りとめまいから疑うべきこととは

耳鳴りとめまいから疑うべきこととは

 

耳鳴りがし、めまいがする場合、疑われる病気があります。その一つがメニエール病です。メニエール病はまず激しい回転性のめまいに襲われます。また耳が非常に聞こえ辛くなる難聴も併発するのです。そして耳鳴りがし耳が詰まったような耳閉感が起こるのが特徴です。メニエール病はこの四つの症状が同時に起こったりするので、日常生活に様々な支障をきたすのです。

 

人によっては回転性のめまいが激しく、歩行困難になりトイレで排尿することも困難になる人もいます。また、めまい、難聴、耳鳴り、耳閉塞感が半日以上続く人もいて、仕事や家事に従事できなくなり、生活自体に支障をきたすこともあるのです。この病気は早期発見早期治療が鉄則です。早期に治療を施さないと、完治が難しく、生涯この病気と共生していかなくてはいけません。そのため難治性の病気としても有名です。

 

また耳鳴りがし、めまいがする場合、脳梗塞などの脳の病気が疑われるのです。たかが耳鳴り、たかがめまいと侮ってはいけません。こうした症状が出たら早急に医師に診て貰ったほうが良いと言えるのです。脳梗塞で倒れてしまうと、処置が遅れると植物人間や脳死の状態に陥ることがあるのです。また脳死の状態が長く続き、強いては死に至ることもあるので非常に怖い病気なのです。

 

また耳鳴りとめまいは病気以外にストレスによって発症することもあるのです。ストレスが蓄積しすぎると自律神経が乱れてくるのです。自律神経が乱れると自分の意思に反して、体の様々な器官に変調をきたすのです。その一つとして耳鳴りとめまいがあるのです。

 

しかしストレスによって引き起こされている場合は、生活習慣を見直しストレスを発散することを生活に取り入れれば、嘘のように耳鳴りの症状がなくなることがあるのです。ストレスによる耳鳴りの場合は、早寝早起きを心がけ、何か趣味を見つけ没頭し、疲れてぐっすり眠るよう心がければ、知らないうちにストレスが軽減され、耳鳴りもなくなっていくのです。