子供の耳鳴りの原因と治療

子供の耳鳴りの原因と治療

子供の耳鳴りの原因と治療

 

耳鳴りの症状を伴う病気や身体の不調には様々あり、その原因を突き止めるのは現代でも難しいものです。突発性難聴や中耳炎、メニエール病などの耳そのものの疾患の他に、脳梗塞の前触れだったりストレスや老化が影響していることもあります。どんな時にどういった症状が出るのかは個人で大きく異なります。耳鳴りの音にもいろいろあり、「キーン」という高い音、「ボー」という低い音、セミの鳴くような音を訴える人もいます。高音の耳鳴りの最も多いのは老人性難聴と言われています。また、寝不足や疲れなどからも起こると言われています。反対に、低音の場合はメニエール病や自律神経失調症の場合が多いようです。症状が多岐に渡るために、耳鳴りは放置されやすい傾向にありますが、重大な病を防ぐためにも早めの診察が寛容です。

 

こうした耳鳴りは、何も大人だけに限ったものではなく子供にも起こります。子供の場合は自覚症状がなかったり、あってもうまく説明できなかったりして発見が遅れがちになるので周囲の大人は気をつけて見てやる必要があります。子供の耳鳴りで多いのは、肺炎球菌やインフルエンザ菌による各種の中耳炎です。子供の耳は大人に比べて未発達で感染症を引き起こしやすいので、中には難聴に移行したり長期の治療が必要になる場合もあります。普段から聞こえが悪くないか、呼びかけにはすぐ答えるかなどといった点に注意しておくべきです。

 

また、子供の耳鳴りの原因で次に挙げられるのは実はストレスです。大人の場合と同様に、自律神経系に異常をきたすと不調が起こります。これは学童期の女児に多いと言われ、人間関係の悩みや家庭不和が原因になっていると考えられています。どちらが原因であっても、子供だからと軽く見ないで大人と同じ症状があるのだと周囲は自覚すべきでしょう。

 

これらの耳鳴りの治療には、薬物治療や漢方治療をはじめ鍼や心理カウンセリングまで原因に合わせて様々です。
専門の医師もいる時代ですから、不快な症状は諦めずに相談し健康な子供時代を送れるようにしてあげましょう。

 

しかしやはり子供に向精神薬を飲ませるのは抵抗があるという方へ

 

耳鳴りの原因の過半数を占める、精神面が原因の場合の治療には薬を処方することが非常に多いです。

 

しかし、耳鳴り治療のために飲み始めた薬の副作用や断薬症状に苦しむ方も少なく有りません。
もちろん、症状がひどい方は早急に医療機関に受診して、薬剤を用いた治療が必要となってきます。

 

薬を飲まなくても耳鳴りを治療する方法がある

私は、耳鳴りの症状を抑えるために飲む精神安定剤などを使わずに健康サプリメントと心理療法で治していくことをおススメしています。

 

今現在、お薬を飲んでいる方も、これから減薬に挑戦しようとしている方、長年お薬に頼ってしまってなかなかやめられない人にも非常に有効だと思っています。

 

薬に頼らない治療法に関してはこちらをごらんください→薬に頼らない耳鳴り改善法