【アンケート結果】耳鳴りが発症してからどれくらい後に原因が判明しましたか?

耳鳴りが発症してからどれくらい後に原因が判明しましたか?

時と場所を選ばずに襲われるのが耳鳴りですが、音だけならまだしもひどい時はめまいを伴うこともあるため、非常に厄介です。
ひとたび耳鳴りが起こると集中が乱れたり就寝中なら睡眠が妨害されたりと、少なからず心身に悪影響を及ぼすことになるため、可能な限り対策するのが望ましいとされます。

 

聞こえる音や状況によっては、中耳炎やメニエール病など他の病気が起因となっていることがあるため、病院の受診が必要になるケースもあります。
とはいっても耳鳴りで病院を受診する人はそう多くはなく、放っておけば自然と治るため、あまり気にとめることもありません。

 

原因も大体の場合は、ストレスや不規則な生活であることが多いのですが、前述したとおり、長期的な放置が危険なケースもあります。

 

そのため、耳鳴りへの対策傾向を知るべく、今回は耳鳴りに悩む男性、女性に以下のようなアンケートを行い、「耳鳴りが発症してからどれくらい後に原因が判明したか」について回答していただきました。

 

 

 

Q.耳鳴りの症状にお悩みの男性、女性にお伺いいたします。「耳鳴りが発症してからどれくらい後に原因」が判明しましたか?

 

 

【第一位】今も原因不明(56%)
【第二位】発症してから数日後(14%)
【第三位】発症してから数週間後(11%)

 

やはり耳鳴りを感じても放置する人が多く、56%の人が「今も原因不明」と回答しました。

ここからグンと数が減り、「発症してから数日後」と回答した人は14%、「発症してから数週間後」と回答した人は11%に留まりました。

 

■場合によっては受診しても特定できないことも
何度か医者に診てもらいましたが、未だにハッキリした原因は不明です。疲れたりストレスが溜まると発生します。(女性/50代/長崎県)
めんどくさがりなので病院に通う事もなくほったらかしです。(男性/30代/山形県)
病院を受診しても原因を特定できず、具体的な対策を立てられないという意見もありました。

 

■様子を見る、または受診により判明するケース
数日間続いたので、さすがに変だと思い病院に行ったら判明しました。(男性/30代/青森県)
疲れが溜まっていた時に耳鳴りが発症。その後数日身体を休めると耳鳴りが止みました。(男性/40代/北海道)
様子見や受診を通じて、数日程度で判明することもあり、適度な療養と受診が大きな改善策となるようです。

 

「発症してから数週間後」と回答された人も、病院を受診するまで、または体調不良の改善に時間がかかったものの、原因を特定できたとの意見が続きました。